プロデュースした絵本が発売されました↓

超備忘録。父が僕を産んだ歳になって思うこと。

40歳、工藤ユウキ。

気づけばもうそんな歳になり、もう亡き父はこの年齢で僕という子を授かった年齢になる。

自分が等の年齢になり、そして今もしも自分に子どもが産まれたら…そう思うといたたまれない気持ちと共に、愛おしく思ってしまうだろう。

世の中には40歳で孫がうまれることもあり得ないことではないのだ。

父は中卒後、15歳という年齢で田舎の山形県の田舎町から上京してきた。

運良くそこで電電公社(現NTT)に就職することができ、配達員として働いていたのだ。

元来、工藤家は痩せ型の体型ばかりのものかと思っていたが、その時の父は180センチの身長と、100キロ弱の体重と、まるでプロレスラーなのか?というほどガタイが良かったらしい。

そんな父は20歳代後半で胃潰瘍になり、胃を半分にしなくてはならない手術を受けることになった。

配達員と言う仕事柄、どうしても急な電報などで食事後にすぐ動かなくては行けない状況が続いたことでそうなったと記憶している。

配達員の仕事は体力勝負。

ましてや現代とは違い、その需要は非常に重要な役割を担っていたのであろうと想像ができる。

父はその手術の後に、体重が激減した。

100キロ弱あった体重が60キロ代まで減っていたのである。

そこで父は決意をする。

「このままこの仕事を続けていたら子が成人する前に死んでしまう」

と。

そして父は小さいながらも「印刷業」をはじめることにした。

齢30歳。

また生まれながらにして器用な部分があり、そして大の釣り好きだったのだ。

休みがあれば川へ、山へ、海へ。

早朝から出掛けては夜まで帰ってこないこともしばしばであった。

そんな父は器用な部分を活かし、海洋生物の『剥製』を作っていたのだ。

それは魚だけでなく、亀、サメ、さまざまな剥製が実家には飾られていた。

趣味の域では留まらず、テレビなどにも何度も出演するほどの腕前だったらしい。

今やその価値でさえ測れないものではあるが、当時は売って欲しい!という連絡がひっきりなしにきたそうだ。

そんなさなか僕はお腹の中でテレビに出演していたらしいが、もちろんそんな記憶があるはずもない。

大きくなってから両親から聞かされて半信半疑でいたものだ。

そして、父が剥製を作るときに、サインの代わりに書いていた文字がある。

【美生】

という文字だ。



墓石の右上にもその言葉が刻まれている。

生前にその言葉の意味は聞くこともなく、未だ謎がある言葉であるのだが

・美しく生きる

とストレートに捉えると、父の生き様はストレスなく自由に楽しく謳歌できていたのではないか?と僕は推測している。

仕事=嫌なもの

それが一般的には多数ではあるかもしれません。

ただ僕は父を見ていて一度そう思ったことはなかった。

普段から寡黙な父は仕事となると目を輝かせ、楽しそうに、そして、生き生きとしていたのだ。

父から仕事の弱音など一度も聞いたことはない。

それは僕にだからなのかも知れないが、そんな父の背中を見て育ったのもまた事実だ。

商人の才があった父ではなかったと思う。

ただ、それでも僕に仕事は嫌なものではないと、背中を通じて教えてくれた父。

「なんで俺は仕事がそんなイヤにならないんだろう?」

多くの人が阿鼻叫喚の中で過ごす毎日が、そんな背中に救われていたのだと気づいた40歳。

あの頃の父の気持ちはまだわからないけれど、40歳になった自分はこう思う。

永遠に愛おしい

言葉にするとチープにはなってしまうが、そんな気持ちを受けてきていたんではないか?と想像すると申し訳なさでいっぱいだ。

もうそんな父が亡くなってからもう18年が経とうとしている。

少しずつだけれど、貴方が僕に残したもの、伝わってきてる。

父は享年64歳。

僕からしたらあとたった24年だ。

どう生きるのか?どう死ぬのか?

人生でそんなことを考える日がたまにはあっても良いだろう。

終わりなき旅はない。

今一度1日1日を噛み締めて生きていきたいな。

プロデュースした絵本が発売されました↓

LINEで友達追加はこちら♪

前日までのご予約、相談、ご質問、事前カウンセリングはこちらにて承ります♪

24時間対応で早めの返信を心がけています☆

facebook

instagram

twitter


hair&make smoos'  ヘア&メイク スムーズ

東京都足立区千住3−36 1F

北千住駅西口(マルイ側)徒歩2分

open 10:00〜20:00 (日祝は〜19:00)

↓↓直前のご予約はお電話にて承ります↓↓

ご予約、出勤スケジュールはこちらから

娘の千愛が台湾のTVに出演しました↓

北千住の美容室 スムーズ ディレクター工藤ユウキ くせ毛、ショートカット特化形美容師

hair&make smoos'ディレクター。自身も髪のクセで悩み抜いたため、クセ毛を扱いやすくするカットで顧客の95%はクセ毛。またカットだけで【美髪】にする【グロッシーカット】が得意。ヘアカラーはパーソナルカラー診断をもとにしたアッシュ系が得意。美容系メディアのライター、マルチバーススクール講師、月間最高20万PVのメディア運営、撮影特化したeast tokyo主宰など活動範囲は多岐に渡る。