プロデュースした絵本が発売されました↓

【続編】まだヘアカラー剤を手動で混ぜて消耗してるの??約1年いろいろ試して行き着いた[境地]とは!?

電動マドラーの良さを知ってしまい、もう手動で混ぜることは2度とないでしょう…と思ってから早くも一年が経ちました。一年って過ぎるのが早すぎやぁーしないかい??

ということであれからまた色々な電動ミキサーを使ってみてはあーでもないこーでもないというのを繰り返しておりました折、1番お気に入りだった電動マドラーの先っぽが1本、また1本…と欠けてきてしまったんですよね…


↑去年にこんなブログを書いたが故に、使用されている方の声も多く聞いており、ブログ見て買いました!!!という声もいただいた反面、このままでは同じように1本1本先っぽが欠けているなんとも哀愁漂う感情にさせてはなるまい…とおもい、このブログを書かせていただくことにしました。


目次 (タップしても飛べません)


先っぽ(ビーターと呼ぶらしい)だけ買うことができる


美容業界でも出ているメーカーさんのモノと比較してみた


僕的特選!ヘアカラー剤を混ぜる最適なビーター(Amazonで)を見つけました

先っぽ(ビーターと呼ぶらしい)だけ買うことができる


まず最初にこの欠けてしまった先っぽの名称を調べても調べても出てこず、かなり困りました…

必殺Google先生に頼ってもなかなか出てこなくて困っていたら、やっと見つけたのです。

その名も[ビーター]


聞き慣れなさすぎて、名前が分かった時に富士山登り切ったくらいの達成感を感じました。登ったことないですけど。

そしてやっと見つけたのが↑の商品でした。


僕が購入した当初は某ショッピングサイトでしか購入できず、なんと到着まで3週間かかり、到着した時には「え?なんか頼んだっけ???」となるくらいには時間がかかったのです…

さすがに今時、遅くても明日から明後日には到着してほしいモノですよね…


美容業界でも出ているメーカーさんのデフォルトのモノと比較してみた



↑こちらも結構バカ売れしていて使いやすいと評判が良い商品になります。


でも僕的には…どうしても…なんでしょう…ちょっと言いづらいのではありますが、混ざるまで時間がかかる、泡立ちがあまり良くない、洗いにくい点が気になってしまいました…

↑このブログにも書いたように最初に3種類のうちのひとつに同じビーターが入っていたのですが、全部試した結果小さい丸いのが1番使いやすかったんです…

でも欠けてしまう耐久性の弱さはデメリットですね、1年も持たなかったわけですから…そして、いかんせんカップが角張っているのと混ぜ残しができやすかったのも問題点ではありました。

ちなみに意外と大切なのが手入れのしやすさ(洗いやすさ)だと思っています。

1日のサロンワークの中でもかなり頻繁に使用するモノなのでこの違いは大切なのではないかと思ってしまう次第です…


ということで…

僕的特選!ヘアカラー剤を混ぜる最適なビーター(Amazonで)を見つけました



こちらです↑

☑︎角張ったカップでも丸いカップでもどちらでも対応
☑︎洗いやすい
☑︎作りが頑丈なのでそうそう壊れない

ほとんどの電動マドラーに取り付け可能です。

これが僕はもうデフォルトになって3ヶ月近くが過ぎようとしていますが、それまではスタッフも使用頻度がまばらだった(そもそも壊れてた)のですが、これに変更してからほぼ100%使用するようになりました。

もちろん元々の性能の

☑︎混ざりムラが無くなる
☑︎カラー剤の量が増える(約1.2倍)
☑︎カラーの発色が最大限活かせる
☑︎誰がやっても同じ混ぜ方になる
☑︎混ぜる人による混ぜムラが無くなる

やはり良いですね、えぇ。

もし以前に僕のブログを見てご購入いただいて、その後先っぽ(ビーター)が欠けてきている…という方は使って損はないかも知れませんね…


ノンストレスなよきヘアカラーライフをお過ごしくださいね。

ではでは

プロデュースした絵本が発売されました↓

LINEで友達追加はこちら♪

前日までのご予約、相談、ご質問、事前カウンセリングはこちらにて承ります♪

24時間対応で早めの返信を心がけています☆

facebook

instagram

twitter


hair&make smoos'  ヘア&メイク スムーズ

東京都足立区千住3−36 1F

北千住駅西口(マルイ側)徒歩2分

open 10:00〜20:00 (日祝は〜19:00)

↓↓直前のご予約はお電話にて承ります↓↓

ご予約、出勤スケジュールはこちらから

娘の千愛が台湾のTVに出演しました↓

北千住の美容室 スムーズ ディレクター工藤ユウキ くせ毛、ショートカット特化形美容師

hair&make smoos'ディレクター。自身も髪のクセで悩み抜いたため、クセ毛を扱いやすくするカットで顧客の95%はクセ毛。またカットだけで【美髪】にする【グロッシーカット】が得意。ヘアカラーはパーソナルカラー診断をもとにしたアッシュ系が得意。美容系メディアのライター、マルチバーススクール講師、月間最高20万PVのメディア運営、撮影特化したeast tokyo主宰など活動範囲は多岐に渡る。