プロデュースした絵本が発売されました↓

【すぐかんたんにできる!】乾燥に負けない髪のお手入れ方法3選

寒すぎます。。

凍てつく寒さで指が震えて手が上手く動かせません。。。

ブロガーとしてピンチを感じます。(美容師としてじゃないのかよ)

自分の髪が好きになる…

クセ毛特化美容師の工藤ユウキです


自分も常にクルクルしています。。。

さて最近よく聞くお悩みのひとつ

このパサパサした髪が気になる!

について。


『ツヤツヤのCMみたいな髪になりたい!』


と一度は夢を見たものの、自分の髪が思ったようにならず諦める…

なんて経験がある方も多いのでは無いでしょうか?

そこで

『すぐかんたんにできる!乾燥に負けない髪のお手入れ方法3選』


をご紹介します。



①シャワーの温度をぬるめにする


ついついこの寒い時期にやってしまいがちなのがシャワーの温度を熱めにしちゃうんです。

「だって寒いんだから当然でしょっ!」


はい、仰る通りです。
ぬるくして体調を崩してしまっては元も子もありません…。

でも熱めのシャワーを髪にかけると髪の水分が奪われてしまいます。

洗い物などをしている時に熱めのお湯をつかうと手がカサカサになりませんか?

実は髪もほとんど同じなんです!


なのでずっとぬるめではなくても良いので、最後に流す時にぬるめにしてあげることが乾燥から髪を守るためにはとても大切です。


②お風呂でのコンディショナーやトリートメントの時に粗めのコーム(ブラシや櫛てもOK)でよくとかしてから流す。


意外とされていない方が多いのがこちらです。お風呂でシャンプーした後に水気を切ってコンディショナー(トリートメント)をつける時は

手でバーー!っとつけて終わりにしていませんか?


意外と人の手では隅々まで行き届かないものなのです。

なので特に行き届きにくい

襟足あたりが良く絡まったりとかしてしまう


なんて経験あるのではないでしょうか?

このくらい粗めのコームや
こういったシャンプー専用ブラシなどがおすすめです。(ちなみに当店で取扱いがあります、営業です。笑)

そして一方向だけでなく、前後左右をとかすようにするだけでかなりの効果が期待できます。




③流さないタイプのトリートメントをつける


今現在つけていない方は使用するだけでかなり変わります。

そして今現在使っていてもイマイチ効果を感じられない場合は髪質に合っていない可能性もあるかも知れません。

そして髪質によっておすすめのトリートメントのタイプもご紹介します。

髪が多い、クセがある、髪が太い

→オイルタイプ、ミルクタイプのトリートメント

髪が細い、クセがない、髪が細い

→ミストタイプ、ウォーター系のトリートメント

これを間違えてしまうと思ったような効果が得られなかったりするので、選ぶ際には担当の美容師さんと良く相談の上、ご購入することをおすすめします。




そして上記の3つの方法以外にも僕が得意な


【グロッシーカット】

(右Before、左After)

もちろんこちらもおすすめです。

長さは変えずにパサつく髪だけを切り、

まるでサロントリートメントをしたかのような状態になります。


乾燥が本格的になってきて寒の入りを果たした今日この頃、少しでも快適になるよう良きヘアライフをお過ごしください。


では


プロデュースした絵本が発売されました↓

LINEで友達追加はこちら♪

前日までのご予約、相談、ご質問、事前カウンセリングはこちらにて承ります♪

24時間対応で早めの返信を心がけています☆

facebook

instagram

twitter


hair&make smoos'  ヘア&メイク スムーズ

東京都足立区千住3−36 1F

北千住駅西口(マルイ側)徒歩2分

open 10:00〜20:00 (日祝は〜19:00)

↓↓直前のご予約はお電話にて承ります↓↓

ご予約、出勤スケジュールはこちらから

娘の千愛が台湾のTVに出演しました↓

北千住の美容室 スムーズ ディレクター工藤ユウキ くせ毛、ショートカット特化形美容師

hair&make smoos'ディレクター。自身も髪のクセで悩み抜いたため、クセ毛を扱いやすくするカットで顧客の95%はクセ毛。またカットだけで【美髪】にする【グロッシーカット】が得意。ヘアカラーはパーソナルカラー診断をもとにしたアッシュ系が得意。美容系メディアのライター、マルチバーススクール講師、月間最高20万PVのメディア運営、撮影特化したeast tokyo主宰など活動範囲は多岐に渡る。