【危険かも!?】職場での髪の明るさの基準を伝える方法は〇〇〇がおすすめ!!リアルサロンワーク編

いつもご来店のお客さまです。

カット&カラー&トリートメント


でご来店。

今回は転職活動のため、明るくなった髪を落ち着かせたいとの事でした。

ただ暗くするのも重く見えてしまいますし、なんかオシャレじゃないし、似合わなくなってしまいそうだったので、時間が経つごとに夏っぽく(少し気が早いかも!?)なるような濃い目のグレージュをご提案。

暗くなり過ぎるとヘコむ方も多いのですが、その場合は暗くなり過ぎてしまっている場合(顔色が悪くみえてしまう)が多いので注意が必要です。

また暗くなり過ぎることで、その次に明るくしたくなった場合になりにくくなってしまうリスクもあるので、あらかじめよく相談することをおすすめします。

なので今回もこれから夏が近づくにつれてまた明るくしたくなると思うので、次のカラーの時にも邪魔しないような暗さのカラー剤を選定しました。

  • 根元にはほんのり明るくなるようなカラー剤
  • 毛先にはほとんどダメージを感じないようなカラー剤

をチョイスして手早く塗布していきます。


ではBeforeから



【Before】

少し明るくなりやすい髪質なので黄色味が残っています。ブリーチなどは過去にしていないような状態です。


【After】

ナチュラル感もありつつ【職場OK】な絶妙なグレージュに仕上げることができました



さて、やっと本題です…


職種にもよりますがだいたい職場で

○トーン(レベル)まで!

と決まっている場合が多いのでは無いでしょうか?
女性の場合に限りますが、髪を染めてはダメ…という職場はほとんど無いように感じています。(工藤調べ)

そして、○トーン(レベル)まで!を正確に伝えるには、勤務先に見本の毛束チャートや、カラーチャートを写真に撮って見せてくれると、とても伝わりやすく失敗も少なくなるかと思います



【仕上がりを見比べてみると…】

このような感じです。

よろしければご参考ください。




LINEで友達追加はこちら♪

前日までのご予約、相談、ご質問、事前カウンセリングはこちらにて承ります♪

24時間対応で早めの返信を心がけています☆

facebook

instagram

twitter


hair&make smoos'  ヘア&メイク スムーズ

東京都足立区千住3−36 1F

北千住駅西口(マルイ側)徒歩2分

open 10:00〜20:00 (日祝は〜19:00)

↓↓直前のご予約はお電話にて承ります↓↓

北千住の美容室 スムーズ ディレクター工藤ユウキ のオウンドメディア 美容師

hair&make smoos'ディレクター。自身も髪のクセで悩み抜いたため、クセ毛を扱いやすくするカットで顧客の95%はクセ毛。またカットだけで【美髪】にする【グロッシーカット】が得意。ヘアカラーはパーソナルカラー診断をもとにしたアッシュ系が得意。美容系メディアのライター、マルチバーススクール講師、月間最高20万PVのメディア運営、撮影特化したeast tokyo主宰など活動範囲は多岐に渡る。