美容師だから…

先日美容師の後輩が来てくれました

長いこと彼女がいないアラサーの彼に
彼女が出来たことを知っていた僕は開口一番

僕「彼女とどうなのよ?w」


と少し幸せ感分けてもらうくらいの軽いノリで聞くと

後輩「実は別れたんです…」


とちょっとシュンとしながらそう答えました

僕「えー!!なんか順調だって聞いていたのになんで急に??」


そう、少し前に他の人から順調だと僕は聞いていたのです

彼「僕が美容師だからだそうです」


僕「えっ!?」


正直、一瞬どういう事なのか意味がわかりませんでした

後輩「彼女の親が、美容師とは付き合うのを止めなさい、と言ってきたんだそうです」


僕「エーーーー!!!」


もう唖然ですよね

空いた口が塞がらないとはこの事です

しかも彼、専門出てから同じ店でコツコツと積み重ねてきている努力家なんです

生真面目なくらいのね

どうですか、美容師のみなさん…

ツラ過ぎますよね…


どうですか?
身の周りでこんな方もいらっしゃるのでしょうか??



僕が思ったのは、

美容師


という職業への誤解がこのような事を招いてしまったのだと思いました(一部例外もありますが、そこばかりにスポットは当たりやすい)

不安定そう

遊んでそう

時間無さそう

低収入そう


みたいな感じなんですかね

ちょっと例外かも知れませんがまさにこのような感じですよね

うらー!!ざけんなー!!!俺は年収1000マン付近じゃねー!

と、いう釣りは置いておいて、エゴサーチしてたらこんな記事を見つけてしまった… 美容師の仕事の年収・やりがい・本音 http://xn--t8jm1r9gza2a9495g94lgm3a2j3c.com/beautician-7811 俺の名前だしてんじゃねぇ… そうなぜか例に挙げられてました。 なので書く権利があると思います。 https://twitter.com/air_kimura/status/657787094769643520 (記事より) 美容師の仕事の月収や年収は、アシスタントなのか売れっ子美容師なのかによって全く違ってきます。アシスタント時代は、月給10万円程度、年収も200万円程度ですが、正職員になると月収30万円、年収も500万円程度になります。カリスマ美容師として名高い松本拓馬さんや木村直人さんなどのように月収は50万円以上、年収も1000万円近くになる人もいます。 は???近くじゃねーし。もっともらっとるわ!!! 「年収の話はタブー」かと思いますが、ここはあえて述べておこうと思います。 最近、美容師に関してのネガティヴ記事が多すぎる。 「付き合ってはいけない3B、低年収、重労働」などの記事もあればこんな感じに記述される事もある。 (記事より) ”アシスタント時代は、月給10万円程度、年収も200万円程度ですが” 今時、アシスタント月給10万とかの方が少ないだろ… (記事より) ”美容師の仕事は、消える職業?消えない職業?” ”美容師の仕事は、お客様の髪の毛に直接手で触れるという人の手によるデリケートな仕事ですので、機械に頼ったり、ましてや、外国の人にお願いすることはなかなかできない仕事です。そのため、確実な技術力を持った美容師は常にたくさんのお客様から必要とされますので、美容師の仕事は消えない職業として存在し続けるでしょう。” こういうのもはっきり言ってわかんないよ?今後。 ちょっと古すぎるし、価値感狭くないかな? と… 年収の話に戻るけど。 あえて話そう。 僕は正直言って、年収1000万円は軽く越えています。 これは自慢したいわけではなく、きちんと働き、評価をして頂いた結果だと思っています。 *会社の環境とそういった職業性 基本的に技術職ですし、風習として「歩合制」(コミッションとかインセンティブと

Naoto Kimura



世界一周しながら髪を切っている桑原淳さんだったりもこんな記事を

 印象悪い…


残念極まりないですねー


今、感じた悔しい気持ち忘れちゃダメですよね



美容師のみなさん
もう2度とこんな前例は見たくないですよね?

がんばりましょう!


















美容師といえば 




LINEで友達追加はこちら♪

前日までのご予約、相談、ご質問、事前カウンセリングはこちらにて承ります♪

24時間対応で早めの返信を心がけています☆

facebook

instagram

twitter


hair&make smoos'  ヘア&メイク スムーズ

東京都足立区千住3−36 1F

北千住駅西口(マルイ側)徒歩2分

open 10:00〜20:00 (日祝は〜19:00)

↓↓直前のご予約はお電話にて承ります↓↓

北千住の美容室 スムーズ ディレクター工藤ユウキ のオウンドメディア 美容師

hair&make smoos'ディレクター。自身も髪のクセで悩み抜いたため、クセ毛を扱いやすくするカットで顧客の95%はクセ毛。またカットだけで【美髪】にする【グロッシーカット】が得意。ヘアカラーはパーソナルカラー診断をもとにしたアッシュ系が得意。美容系メディアのライター、マルチバーススクール講師、月間最高20万PVのメディア運営、撮影特化したeast tokyo主宰など活動範囲は多岐に渡る。