【意外と簡単なこと!】ドライヤーの寿命を延ばす方法

最近は高価なドライヤーが続々と販売されており、もうすでに使っている方も多数いらっしゃるかと思います。

いつもより良いドライヤーを買うとやっぱり良い状態で長持ちさせたくなりますよね。

ドライヤーの寿命ってどのくらい?

もちろん使い方にもよるとは思うのですが、1日一回の使用で平均して3年〜5年程度と言われているようです。

そして買い替えようと思うキッカケは
  • 使っていて焦げ臭い臭いがする
  • 電源が入らなくなった
といった場合が多いのではないでしょうか?

ドライヤーの寿命を延ばすために出来ることは?


①月に一回程度こまめに掃除をする

ドライヤーのこの部分(製品によって部位に違いがあります)にホコリなどが溜まりやすく、焦げ臭くなる原因になるだけでなく、あまり溜まり過ぎるとショートする可能性もあるだけでなく、電気代などにも変化があるようです。歯ブラシや掃除機などでこまめに掃除するのがおすすめです。

②収納する時にコードが折れないように気をつける

こちらドライヤーとコードの付け根の部分が断線する場合が非常に多くなります。コード部分を無理に折ったり、キツく縛った状態での収納は断線しやすくなりどうしてもコードの内部が切れやすくなってしまいます。

③ドライヤーのモーターを冷ましておく

ドライヤーには強風、弱風、冷風という機能があるのですが(無い物もあります)使い終わる際に最後に冷風を使用するとモーターが冷め、長持ちするようです。髪を乾かしている時にも最後に冷風を当てるとキューティクルが整い髪もツヤツヤになり一石二鳥となるで是非おすすめです。これ、意外と有効だそうです。


せっかく良いドライヤーを買ったのだから是非ともキレイに長持ちしてキレイな髪を持続させていきたいですよね。

こんな感じもよろしければご参考ください。


LINEで友達追加はこちら♪

前日までのご予約、相談、ご質問、事前カウンセリングはこちらにて承ります♪

24時間対応で早めの返信を心がけています☆

facebook

instagram

twitter


hair&make smoos'  ヘア&メイク スムーズ

東京都足立区千住3−36 1F

北千住駅西口(マルイ側)徒歩2分

open 10:00〜20:00 (日祝は〜19:00)

↓↓直前のご予約はお電話にて承ります↓↓

北千住の美容室 スムーズ ディレクター工藤ユウキ のオウンドメディア 美容師

hair&make smoos'ディレクター。自身も髪のクセで悩み抜いたため、クセ毛を扱いやすくするカットで顧客の95%はクセ毛。またカットだけで【美髪】にする【グロッシーカット】が得意。ヘアカラーはパーソナルカラー診断をもとにしたアッシュ系が得意。美容系メディアのライター、マルチバーススクール講師、月間最高20万PVのメディア運営、撮影特化したeast tokyo主宰など活動範囲は多岐に渡る。